2009年12月29日 (火)

「大黒梁のある家」一年点検

Hh18 ずっとバタバタで・・・更新できませんでした。

先日、「大黒梁のある家」の一年点検にお伺いしてきました。

昨年の5月にASJ狭山イベントでつながったお施主さんで、4世代8人が集える空間を望まれました。もとの1.5間の間口を2間に広げるために廊下側の壁を除き、2階の構造を支えるために新たに2本の大黒梁を挿入しました。

ちょうど前日はクリスマスパーティーだったそうで、賑やかな一時を過ごされたようです。ご主人こだわりのオーディオもいい音でした。ちょうどこの季節、床暖房で毎日快適に過ごされているそうです。

思い切って改築したことを思い起こしながら、新たな日常をご満悦されているようで嬉しく思います。

写真は年明けに某企画でプレゼンする機会があり、パネルとしてまとめたものです。詳細はまたその時に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

「大黒梁のある家」完成引渡し

Hh17 「大黒梁のある家」が完成し、無事引渡しを終えました。

5月のASJ狭山イベントで、たまたま娘さんが広告を見られてご両親に連絡され、たまたま来場されて僕と最初にお話しされ、そしてそのまま進みました。

設計から数えると6ヶ月半ほど、最初のプレゼンがものすごく気に入って頂いて、途中ご予算に併せて縮小案も出しましたが、結局最初の案を基に調整する方針で進んでいきました。

そしてちょっとご予算も膨らみながら、10月中旬から着工。設計段階で床下や天井フトコロを覗いて構造の梁の掛け方や寸法などを確認したり、着工後の思わぬ補強などの工事による圧迫を避けるため、調査はしていましたが、やはりいざ工事が始まると・・・

また、当初既存の壁を残しながらのリフォームでしたが、大工さんがそれだとかえって仕事がしにくいとのことで、全部めくることにもなり、めくったらめくったで断熱材が入っていなかったり、基礎が一部なかったり、お風呂周りの土台や残そうと思っていた出窓も構造的に持ちそうになかったり、などなどで一気に現場貯金がぶっ飛んだと思います。

それでも何とか、こうして予定期間内に一つの仕事を成し得ることが出来たのも、監督さんをはじめ、各職人さんのご協力と手の証のおかげです。改めて感謝したします。

そうして出来上がったこの「大黒梁のある家」は、お施主さんにも大変気に入って頂いたようで、はじめて理想の住まいを手に入れることが出来ましたと仰って頂くことが出来ました。きっかけは一つの出会いでしかありませんが、そこからこうして一つの建築が生まれ、住み手と娘さんたちのご家族も含めて皆さんの笑顔に囲まれながら、今日、現場を後にしました。

早速、夕方からお引越しで、年内はあれこれ整理しながら片付けられるようです。新年は念願の皆さんが集まってのお正月、そして奥様の友人など、新年会は既に数件ご予定が入っておられるとのこと。いろいろとお披露目頂いて、またいい人おられましたらご紹介下さいね。(笑)

ということで、いろいろとお世話になりました。いろいろな方といい出会いをさせて頂き、僕自身も愉しみながら建築が出来ました。これから先、思いっきりとことん、住みとおして下さい。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

「大黒梁のある家」施主検査

Hh16 「大黒梁のある家」はあ~っという間に現場は進み、今日、施主検査でした。

これといって問題はなく(事前にチェックしてますから)、これまでの思い出話に花が咲きました。出会って7ヶ月。最初は半信半疑だった?ご家族もあの家がこんなになるなんて!と皆様すごく感動して頂いてこちらも嬉しい限りです。

残りのこの1週間は、竣工写真の撮影と少しの手直しなどが予定されています。そしていよいよ週末には引渡しとお引越しと、設計、施工の手を離れ、住み手の元へとお渡しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

「大黒梁のある家」リフォーム見学会&相談会

Hh15_2 かねてより進めて参りました、「大黒梁のある家」のお施主様のご厚意により、リフォーム見学会&相談会を開催することになりました。

日時:2008/12/14(日)13:00~17:00

場所:大阪府羽曳野市

詳細はこちらまで。

尚、個人住宅のため、完全予約制とさせて頂きます。ご予約お問合せ頂いた方に、会場の地図をお送りします。

当日は、解説はもちろん、リフォームの秘訣などのお話しも交えながら、ご相談にもお応えいたします。

ご興味がおありの方は是非ともこの機会にご来場、ご相談下さい。リフォームのみならず、新築や建替えのご相談も受け付けていますので、お気軽にお問合せ下さい。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

木部塗装>設備機器据付など

Hh14 昨日、今日と「大黒梁のある家」の現場に詰めていました。

先日お施主さんとご一緒に塗った床以外に、既存柱の化粧巻きや造作家具などの塗装を行っていました。作業量も少ないので1日で楽勝や~などと考えていましたが、建具屋さんが建具を持ってこられたので、急遽作業増大。結局わずか数枚残ってしまい、日を空けるのも何やし・・・ということで続いて今日も塗ることに。まあ、作業は2時間ほどで終了しましたが。

さてさて、昨日は設備屋さんが来られていまして、各機器類も続々と搬入されまして、着々と据付られました。外は既に足場も解体され、テラス周りの外構の仕舞いも進んでいます。予定では来週後半に完成です。週末はお施主さんとの検査で、急遽見学会&相談会の開催も決定しました。また改めて告知します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

「大黒梁のある家」みんなで木部塗装

Hh13 「大黒梁のある家」の現場もいよいよ終盤に。今日はお施主さんとご一緒に床板や梁、階段などの木部塗装を。

僕の現場では恒例になってしまった?この木部塗装ですが、お施主さん自ら最後の仕上げみたいな感じで、いつも快く作業して頂いています。今日はお二人の娘さんも参加され、姉妹で息の合った手際で、何よりもご主人の頑張りによって、スルスルと作業は進むのでした。

なかなか普通はこういう体験ってできないこともあってか、皆さん楽しまれているようです。これを機に、新しい家への愛着と、ご家族の絆がより一層深まることを願うばかりです。ただこの作業、足腰と特に膝が痛くなるので、明日からの日常生活に影響を及ぼさないかと心配でもあります。お疲れが出ませんように。

おかげさまで当初予定していました工期の半分で作業が終了し、僕の方のスケジュールも非常に助かりました。帰りにはおみやげまで頂きまして、いろいろとお心遣い感謝します。早速今夜のデザートに家族で頂き、子供たちも喜んでいました。ありがとうございました。

さて、これであとは壁紙を貼って、設備器具をつけて・・・ボチボチ外部の足場も外れ、外構工事へと進んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

キッチン据付完了>階段製作

Hh12 今日は朝一で「大黒梁のある家」の現場へ。・・・と思ったら、大阪環状線で事故のため1時間20分も立ち往生。現場に着いたのは11時頃でした。

先週末に無事キッチンも据付けられ、内部の壁下地もほぼ終了。階段の製作が進められていて、今日は階段納まりの打合せが主でした。予定では大工さんは明日でおしまい?最後の大詰め、頑張って下さい。

今日は塗装屋さんも来られてたので、外壁の仕上についてあれこれお話しました。あと、塗装の色褪せについてとかも。最近ちょっと雨が降ったりするのもあって、仕上の際には気掛かりでもあります。

さて、週末はいよいよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

床貼り完了

Hh11 「大黒梁のある家」大工さん二人もいよいよ大詰め。

床貼りも完了して、まずはキッチン周りの仕舞いから。黙々と作業をされています。カウンターも出来て明日のキッチン据付の準備は万端です。

脇には胸辺りまで積まれた壁用の石膏ボードが。これから階段、壁、そして最後に造作家具へと進んでいきます。こうして徐々に完成へと日々近づいていきます。

外周りは補修も終わり、今日は高圧洗浄が行われました。明日はキッチンの据付の他、外壁の色模様と床や建具に塗る保護剤の色合い、そしてクロスやタイルを決めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

床貼り開始

Hh10 昨日、今日と「大黒梁のある家」の現場に詰めていました。

今日からいよいよ床貼りです。基の躯体との兼ね合いで微妙に調整が必要になってきたり、大工さんもあれこれ手間が増えてしまうのが気掛かりですが・・・

床に埋め込む建具のレールの左右で数ミリ通りがずれていたり、床の目地と壁との取り合いが変に目立たないように、などなど、とにかく考えすぎずに自然体で構えて素直な答えを出したいところです。

外周りも昨日の左官に続いてコーキングでの外壁補修などが進み、高圧洗浄を経て仕上の吹付へと展開していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

着々と・・・

Hh09 「大黒梁のある家」一週間ぶりの現場でした。

玄関の増築部分や耐震補強の軸組などの他、天井の下地もほぼ完了。早いです。今日は床の無垢板の割付や木製建具の納まりなど、大工さんを交えて打合せしました。夕方、サッシも搬入され、外周りの仕舞いも着々と進んでいきます。明日から電気工事、明後日には外部足場が建てられ、金曜にはユニットバスの設置が予定されています。

お施主さんとは今回特注でつくるTV・AV収納を主に、テーブルとのコーディネイトや床板や木部の色合いについて打合せしました。特に家具は製作期間が1ヶ月かかりますので、今週に発注しないと間に合いません。これまでいろいろご一緒に悩んできましたが、ボチボチ結論を出さないといけない時期に差し掛かりました。

いつもはくすんだ白でぼかすことが多いので、いざ色を使うとなるとしかも既製の素材や家具の突き板の感じと併せるのはなかなか難しいことです。どれもが自然素材を基に発色させるため、同じ色でも色合いが変わったり微妙な違いが生じます。まあ、それが自然素材の良さの一つなんですけどね。その微妙な違いがこれからの日常にとっていい方向で演出してくれることを想像しながら日々悩み続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)