« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

明日から新学期

L17 今日で子供たちの夏休みも終わり、いよいよ明日から新学期です。

しかし・・・今年の夏はあまり遊びにも行けませんでした。娘のおたふくから始まり、お盆に京都に帰省した際には長男が発病。実家ではずっと寝たきりでした。お盆明けたらあっという間に夏休みもおしまいでした。

そうそう、次男の友達家族がご主人の海外赴任ということで引越しされたりとかで、出発までの1週間あまりは遊びまくっていましたが・・・とにかくいろいろあった今年の夏でした。

宿題の見直しと、明日からの学校生活のための準備と、その他いろいろで今日一日が過ぎました。

今日は残暑が厳しい一日でしたが、朝晩の冷え込みもあり、体調が崩れやすくなっているのも事実です。また、局所的に豪雨になったりと、地球の気候もちょっとおかしくなっています。夏バテせずに明日からの新学期、頑張って欲しいところです。

さあ、親の方も気合入れ直して頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

「大黒梁のある家」始動!

Hh01 参加登録しています、ASJアーキテクツスタジオジャパンでの5月の大阪狭山イベントにて、ご指名頂きました住宅のリフォームプロジェクトが、いよいよ本格的に始動しました。

そもそもASJのシステムは、通常基本設計に当たる作業を「プランニングコース」と称しまして、指名された建築家が、お客さんの要望を基準に計画をまとめ、そしてスタジオである工務店が概算見積り(概算と言っても本見積りに近い程の詳細ですが)をまとめていきます。つまり計画の概要とそれに対するコストが最初の入会金のみで明らかになるということです。

ちなみにASJ大阪狭山スタジオは、いつもお世話になっています、㈱創建さんです。地元の堺スタジオとしても登録されています。

写真は最初のプレゼン時の模型です。家族がみんな集まったときにゆったりと出来るスペースが望まれました。今回は幸いにもこの最初の提案内容がかなり気に入って頂いたようで、少々当初のご予算より、膨らむことになりましたが、途中減額案で工事範囲を縮小したり変更したりと紆余曲折しましたが、実施設計段階にて、再度詰めなおすということで、先日、晴れて設計監理契約を結ぶ運びとなりました。

そして今日、まずは現状の構造骨格と床下の状況を明確にするため、担当の営業さんと監督さん、大工さんとで現地調査に伺いました。

築25年の木造2階建ての住宅ですので、幸い1,2階ともに和室があり、タタミをめくって捨て床(杉板じゃなく合板でした)の一部を切り込んで、床下の状況や天井裏の梁の掛かり方、筋交いの位置や形状を厳密に調査しながら、計画に併せて梁の掛け替えなど実際の可能性をその場で検討、確認しながらの作業となりました。

その他、この住宅には、確認申請図面も何もないため、図面を起こすために必要な箇所を採寸しつつ、現場を後にしました。

これからこれらの調査結果を基に、本格的に実施設計へと入っていきます。まずは調査結果を踏まえての計画内容の確認とコストバランスの検討から。年内引渡しに向けて、改めまして住み手のご家族の皆様、施工者各位の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

「屋上露台の家」>桂へ、そして京都へ

A07 今日は朝から「屋上露台の家」の残工事の立会いと確認に出かけました。残りSUSの切文字でつくる表札のみ間に合わず、後はすべて完了。

ちょうど昨夜、弁天さんの花火があり、大迫力の夏の一夜を楽しまれたようでした。ただ、あまりに近すぎて?花火の細かな灰が、屋上露台や屋根は勿論、反対側にある車にも降り注ぎ、予想外の発見もありました。毎年花火後は掃除となりそうですが・・・

この日は夜に京都で予定があり、かと言っていったん戻るのも・・・と言うことで、阪急電車で移動。途中、桂で時間をつぶしました。

桂と言えば「桂離宮」。平日1ヶ月前から予約すれば入れるのですが、土曜と言うこともあって、とりあえず外周をグルリと徘徊しました。竹を束ねて寝かして葉全体でつくられた塀が圧巻でした。さすがは離宮ということもあって、建物までは残念ながら見えず。所々で屋根が垣間見えたりしましたが・・・

そしてもう一つ、写真の「桂カトリック教会」へ。設計はジョージナカシマです。突然お伺いしたにも関わらず、快く内部まで見学させて頂き感謝しています。別棟のロビーには、京都工芸繊維大学の学生さん?が製作された模型が飾られていました。詳しいことはまた改めて・・・

そしてそして京都へ。学生時代に(もう22年も前のことです)お世話になり、というか出会ってしまったと言うべきでしょうか、年々その存在感をしらしめられてしまっている建築家、上里義輝氏をしのぶ会に参加してきました。

今年は10年忌ということもあり、前夜祭としてゆかりのあった奈良県の天川村での宿泊から参加されている方も多く、これを機に氏の作品展や作品集など、その軌跡を一度カタチにしようというお話しまで出ていました。

このブログでも、未だに検索されている方も多く、やはりその存在は語り継がれていくべきだと強く思う次第です。

ちなみにこの日の会場は、弟子の一人でもある、安田勝美氏による「わら家」にて行われました。中でも「わらまゆの間」と称された空間は、まさにこの日のためにつくられた(仕組まれた?)ような感覚を感じました。

それぞれの上里論をはじめ、建築のこと、これからのこと、様々な話しが飛び交い、あっという間に時間が過ぎ去りました。僕自身、ものすごくいろいろなことを吸収できた充実した時間でした。

で、今年で10年忌ということは・・・先日誕生日を迎えた長男が10歳。え?ちょうど長男が生まれて6日後に上里さんが亡くなられた、と今気付きました。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

五輪はじまる

H05 五輪はじまる。と言っても、開会式は8/8ですが・・・と言っても、もっぱら気になるのはサッカーですが・・・

サッカーの予選はいつも開会式前からです。女子は何とかドローで勝点1を得たものの、男子は負けてしまい、なかなか厳しいスタートになってしまいました。残り何とか粘って欲しいところです。

サッカーにはオーバーエイジ枠というのがあり、これをめぐって各国いろいろあるようです。ブラジルのロナウジーニョやアルゼンチンのメッシなどは所属のクラブチームとの間で駆け引きがあり、ロナウジーニョはバルセロナを離れてのオリンピック参戦となりました。メッシも直前までこじれていたようですが・・・それでも二人ともキチンと仕事してはります。

日本も遠藤選手や大久保選手といった候補が挙がっていたものの、大久保選手は試合中の行為によるペナルティを受けて、遠藤選手はクラブと代表の過密スケジュールによる疲労で直前に入院。結局、日本チームはこのオーバーエイジ枠を使わずに挑んでいます。

しかし・・・年代を問わずこの決定力不足はいつまで引きずるんでしょうか?前半から再三チャンスはあったものの、結局ノーゴール。決められる時にキチンと決めておかないと・・・対するアメリカは少ないチャンスをモノにしています。暑い夜に不満が募る試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

家族が揃って・・・

P17 私事ですが・・・7/28にまた一つ年齢を重ね、なんとその日から娘が入院。おたふく風邪をこじらせて髄膜炎になりかけてしまいました。

病院の先生曰く、おたふくのうち約2割は髄膜炎になるとのこと。ちょうど金曜の晩にほっぺたの下辺りが痛いと言い出し、土曜に一度診察を受けましたが、その際にはまだ兆候は出ていませんでした。ですが、土日ずっと熱が下がらず、しかも39度を超えていましたので、週明け月曜朝一で病院へ。そして即入院。

幸い、なりかけの状態でしたので、一度髄液を抜いて脳の圧力を下げて、点滴を打って安静状態にすることで徐々に回復へ。おたふくに直接効く薬はないので、特に髄膜炎には絶対安静しか治療は無いそうです。基本的に脳に刺激を与えないようにするため、テレビはもちろん、本やおもちゃで遊ぶことも禁止。入院中はかなり暇を持て余していたようです。

そして、8/3の長男の10歳の誕生日。何とか家族が揃って、迎えることができました。写真はバースデーケーキです。近所のお店でキャラクターをあしらってくれることでよく利用させて頂いています。今年はポケモン映画最新作より、「ギラティナ」でした。(勿論、長男のリクエストによります)

そしてそして、今日は新たなコンペのヒアリング。なかなか最近では競争率も激しく、本当にピタッと当てはまらない限り、選ばれる確率はありません。かと言って、あまり細かいことまでお聞きしても・・・その辺の駆け引きが難しいところでもあります。

まあ、いつものように時間の許す限り、まずはとことん、こだわってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

久々の相談会です。

S10_2 久々の「住まいのなんでも相談会」です。

日時:2008/08/02(日) 10:00~17:00
場所: ナショナルリビングショウルーム箕面

ご存知かと思いますが、この秋、松下電工/Nationalブランドは「Panasonic」に統合されます。それもあって、新商品が続々発表されています。

写真はキッチンの「リビングステーション」。なんとIHが並列3口になりました!その名の通り、一室空間の中心に位置づけられて家族や仲間でいっしょに料理が楽しめる、そんな情景をも想定されています。ショウルームでのお披露目はもう少し先?かも知れませんが・・・

また、明日は先日竣工しました「屋上露台の家」のスライドも大画面Vieraにて、ご覧頂けます。新築、リフォームを問わず、ただ漠然としたイメージでも構いません。何をどうしたらいいのか、どこに相談すればいいのか、など、なんでもお気軽にご相談下さい。

たくさんのご来場、ご相談、お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »