« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

外部モルタル養生>仕上げ塗装打合せ>内部床貼り>壁下地貼り

Oh20 何とか雨に降られずに、外壁のモルタル下地も乾いてきました。今日は塗装屋さんと仕上げについての打合せ。以前にお世話になっているので、その時のお話しも交えながら段取りを調整。残念なことにその時の職人さんは辞められたとのことですが、この塗装屋さんも板金屋さん同様、その仕事ぶりには特に一目を置かさせて頂いています。

週明けに試し吹きをしながら、骨材の量や吹き加減を調整しつつ、あの時の素材感をもう一度と願っています。

内部は2階の床貼りが終わり、1階へと進んでいます。そして2階では続いて壁の石膏ボードが。また、1階では、水周りのタイル下地も進んでいました。こうして骨格の軸組みから、徐々に面へと変わりつつ、空間の最終形態が現れてきます。

週末ぐらいで雨が心配ですが、来週予定通りに塗装仕上げが出来れば、来週末には外部足場が外れるかも知れません。いよいよ外観が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

小学校30周年

P15 今日は小学校のイベントにちょこっと顔を出しました。

毎年恒例の潮見まつり。子供たちが様々なイベントを企画し、違う学年同士がペアになって取り組む催しで、地域にも開放され、ご近所のお年寄りも幼稚園や保育園の園児たちも、そして子供たちの親も、あちこちの会場を右往左往していました。

仕事の都合もあり、わずか半時間ほどしかいれませんでしたが、子供たちが真剣に取り組む姿は、家庭とは違った一面を垣間見れた気がします。

アトリエに戻って作業をしていると、何やら外がざわついています。空にはヘリコプターが。よ~く目を凝らして見ると、校庭には人文字が。小学校が開校して30周年の記念に、空から航空撮影をしていました。そう言えば僕自身も100周年で同じように航空写真を撮ったことを思い出しました。自分がどの文字のどこにいるのかさえ判らないままに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

現場施主打合せ

Oh19 今日は現場でお施主さんと打合せ。

主に最終色決め。内外の壁に床および木部の色をどうするかでしたが、ご夫婦で相談された上で白系に決定。

特に床材はパインを用いているだけに、色が濃くなるほど不自然なムラが出てきます。自然な木目とかの風合いならいいんですが、床全体でどう現れてくるかは、やってみないとわからないこともあって、全体を白でぼかすことに。

ちなみにこの木部塗装は、お仕事のお休みを利用しながらの自主施工です。床全体を塗ることってめったにないことですし、それによって空間の感覚もつかんで頂けるようで、何より、愛着を持たれて住まわれることを願ってのことでもあります。僕自身も最後の仕上げ的な感覚で、魂込めますみたいな、引渡し間際の儀式のように?なりつつあります。(笑)

また、今回の木部塗装には、キャピタルペイントのワンダーウッドガードを使用します。これまでは植物油系の自然塗料を使っていましたが、コストと作業性、そして知り合いの建築家の評判もあり、採用となりました。試し塗りをした感じでは、水彩絵の具を水で溶いて塗るような感覚でした。ただ乾きが早いので、ふき取りをしながら白のくすみ具合を調整できればと思っています。

お施主さんの方も助っ人が何人か来て頂けるようで、現場の進捗状況に併せて手際よく進められそうです。熱いときだけに作業中の水分補給は気をつけながら、事故のないようにどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

外部モルタル塗り>内部床貼り>造作家具打合せ

Oh18 何とか今日で外部左官のモルタル塗りが終了。これから一週間ほど養生期間に入ります。何とかあまり雨が降りませんように。

今回の屋上露台の家では、施工者のお勧めもあり、富士川建材のラスモルⅡを用いています。これまでの仕様でもうちの作品は大丈夫でしたが、他の物件で割れが発生したらしく、それ以来、外壁にモルタル塗りをする場合はこの仕様にしているとのこと。

基本、割れないらしいのですが、なるほどいろいろ策は成されています。それに現場打合せから施工まで、キチンと対応して頂けましたし、不安定な天候ながらも、また、ややこしい?納まりながらも、仕上がりも上々です。そして当然のごとく?ピンカドを出さない仕様で。(笑)

内部も昨日から床を貼り出しました。狂いの多い材料だけに、またここでもややこしい納まりながらも、大工さんが懸命に格闘されています。現在施工中の2階よりも1階のほうが比較的貼りやすいかも知れません。ということで何とかよろしくお願いします。

で、その床材の端切れを更に大工さんに15cmの長さに切ってもらい、持ち帰って色見本を造りました。木部塗装の材料も今回は変えています。明日、お施主さんと色決めです。

残りほぼ1ヶ月。工程と段取の調整の毎日が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

板金完了>塗り下地>建具枠取付など

Oh17 屋上露台の家、現場は少々遅れ気味?でもその遅れを取り戻すべく、着々と進んでいます。

東西両隣の外壁、ガルバリウム鋼板波板は完了。板金屋さん、お疲れ様でした。先週末から塗り下地のラス貼が。屋上露台に上がるハシゴとハッチも取付完了。塗りと取合いのある、軒裏の照明ボックスや玄関格子戸の枠なども取付完了。明日から下地の左官モルタルのこすり作業に入ります。

そしていよいよ内部の床貼も。まずは2階から。内部建具の納まり詳細も今日、現場にて打合せ指示完了。あとは実際に貼りながら調整しながらということで。

たまたま施工会社の営業T氏と遭遇。ちゃっかり打合せ現場を抑えられる。詳しくはこちら。そして案の定?「現場来すぎですよ。」と言われる。現在多くて週2回。これって来すぎかなあ?でもそれぐらいこの眼で確かめてナンボでしょ?毎日でも来たぐらいですが。(笑)

まあ、自称?他称?雨男だけに、外周りが仕上がるまでは現場に行くことを控えた方が梅雨のこの時期も晴れの日が続くというウワサも無きにしも非ず?とにかくこのまま順調に進んでくれることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

外壁一部仕上>内外造作取合い>詳細打合せ多

Oh16 今日は朝から現場へ。

やっと一面、外壁の波板貼り完了。足場でよく判りませんが・・・あともうちょっと、ガンバレ板金屋さん!

徐々に打合せの内容は詳細になってきました。現場もボチボチ走り出さないといけなくなってきました。これから仕上に進むにつれて、ミスも許されなくなってきますし、何より、時間との戦いになってきますから、まずは下地の段階でキチンと抑えておかないと。

ちょっとずつ現場の空気もピリピリ?してくる感じでもありますが。まあ、この緊張感もまた、建築の楽しみの一つでもあるのですが。職人さんに苦労をお掛けした分、それ以上の結果を引き出すのも、現場次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

ふたたび甲子園へ

L16 昨年に引き続き今年も甲子園へ。対オリックス線。

タイガースキッズファンクラブの特典でチケットを入手。昨日はママと次男が、今日は僕と長男が。

昨日はサヨナラで勝利。そして今日も一時は逆転されたものの、見事連勝!新井のホームランも見れたし、守備も凄かった。林も代打で犠牲フライ、最終回は藤川登場。オリックスに移籍した濱中が代打で出てきたり、なかなかニクイ演出ですね。強いて言えば桧山が見たかったなあ・・・

ここんとこ、仕事でヘコむことが続いたりでしたが、久々に気分が晴れました。さあまたカンバロっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

小学校の参観日と引渡し訓練

P14 今日は仕事の合間を縫って、小学校の参観日へ。

現在、長男は4年生で次男が1年生。特に次男は初参観日でした。

4年生となると、さすがに参観日も慣れたもので、親が教室にやって来ても動じません。むしろ新任の先生の方が緊張されていたかも?

逆に1年生は、なんとなく落ち着きが・・・親の顔を見るなり、先生のお話しも素通り状態。(笑)仕方なく、子供の視線から隠れて見てました。1、2年生の教室の脇の校庭には、幼稚園児や小さい子供たちがあふれていました。みんな時間をもてあましてしまってるんですね。教室の中でグズられるより、お友達同士で仲良く砂遊びとかしている方が伸び伸びしてます、やっぱり。

さて、参観後は、緊急時の引渡し訓練。緊急時に親が子供たちを引き取りに来た時のやり取りの申し合わせでした。学校と家庭との連携がうまくいかないと子供を育てることはなかなか難しいです。この地域は震災を乗り越えて、あれこれ対策が練られているようで、このつながりも大事にされています。むしろ最近では、モンスターペアレンツなんてことを耳にしますが、親側も自分の子供だけでなく、周りのお友達まで気にかけるような心のゆとりが大事なんだと感じます。

写真は次男の植木鉢。ヒマワリ?その他、畑でもいろいろ育ててるようです。秋には収穫もあったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

外部板金見切取付>外壁仕上>内部天井下地>照明仕込造作など

Oh15 雨とスケジュールのタイミングが合わず、久々の現場へ。

外周りもペースアップです。板金屋さんはフル稼働。各仕舞を確実にそして美しく仕上げていってもらってます。午後からは外壁の波板貼りに突入。

内部は大工さんがフル稼働。天井の下地と照明を仕込む造作もほぼ完了。断熱材も徐々に充填されつつあります。サッシもすべて障子もガラスも入りましたし、内と外とが区切られていきます。と同時に、内部空間の空気感がボチボチ出だしてきます。

写真は2階の家族室。天井が微妙に歪んでいます。これが最終的に面で覆われた時、果たしてどうなるのか?気掛かりでもあり、楽しみでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

梅雨 vs 現場

L15 気がつけば、近畿地方梅雨入り?しかも例年より早い?

この大事な時に・・・

現場は少なからず影響を受けます。しかも外壁はまだこれから。かろうじて防水シートまでは完了しているので、躯体が直接影響を受けることは避けられます。

でも、関東地方はもっと大変そう。雨も台風も今年は多いようで。鋼材の値上がりが激しいゆえに、雨で現場延期とかなったらまたコストが合わなくなったりしそうで・・・

まあ、この季節、現場は雨の合間を縫って何とか進むしかなしんですけどね。

ポジティブに捉えると、今のうちに雨の流れるルートなども確認できますし、万が一、雨漏りしても状況判断も可能です。最も雨漏りはしないことに尽きますが。雨音も耳を澄まして聴いてみれば、普段の喧騒も消し去ってくれるような、そして心が研ぎ澄まされるような、そんな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »