« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月20日 (木)

地鎮祭

Oh02 まるで春の嵐?の中、本日は「屋上露台の家」の地鎮祭でした。

多少、風が舞っていたものの、何とか雨は小降りでまだ助かりました。

施主のご親族をはじめ、施工者、プロデュース会社、各関係者において、滞りなく進められました。この地鎮祭は僕が唯一スーツを着る日でもあります。(一応ケジメとして、ですが)

終了後、施工者の営業さんからネタばらしが・・・そう、この施工者にお世話になっているここ数件の地鎮祭はすべて雨。まあお開きに「雨降って地固まる」というお決まりの?セリフを言いながら、これも3回目か?と自ら思わず突っ込んでしまいました。(笑)

普段着ないスーツ姿だからなのか、ひょっとしたら僕の一族は水辺に栄えていたことから、水に由縁があるのか、まあ、雨男は僕だということで。

さあ、これから現場が始まります。まずは竣工を目指して、気を引き締めて一歩ずつ着実に進んでいければと思います。今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

もう少し先なら、桜吹雪が舞っていたかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

今年も・・・

M06 Randy Rhoads Tribute 2008

今年もこの日が・・・とうとうこの世で輝いてた時間を、他界されて偲ばれてる時間が越えてしまいました。

未だにこの時期になると音楽雑誌でもチラホラと特集などを目にするのですが、これまでに見たことの無い写真が載っていたりするだけで、思わず手にしてしまいます。1年前はクラシックギターを引っ張り出して、名曲「Dee」を練習したっけ?結局それから仕事もドタバタで、あれっきりになってしまっています。(笑)

計画では、その後ストラトの調整とレスポールの大復活の予定でしたが、それも手付かず。特にレスポールは、ボディの下地調整を経て塗装まで進んでそのまま収納の側壁にぶら下がってます。ああ、いつになることやら・・・

またここしばらくは、RANDYのギターの音色に心躍らせながら、モチベーションを上げて行く事になるでしょう・・・合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月17日 (月)

卒園式

P10 今日は朝から次男の幼稚園の卒園式。天気も良く、絶好の晴れ舞台でした。

残念ながら写真とかビデオの撮影は不可なのですが、その分、心憎い演出が・・・卒園証書は受取ったその足で、母親の元へと届けます。「ありがとう」の一言を添えて。

徐々にこみ上げてくるものがあって、園児や先生方、保護者もいっしょにこれまでの思い出を歌とセリフで語られ、最後の最後に♪さよならぼくたちの幼稚園・・・この次遊びに来る頃はランドセルの一年生~♪と、哀愁漂う歌で締めくくられました。

そして退場の頃には先生方の目にも涙が・・・それにつられて保護者の多くの方の目にも涙が・・・

少し間を置き、落ち着いたところで皆さんで集合写真を撮影。

教室に戻ってアルバムや文集や記念品を頂いて、担任の先生ともさよなら。

・・・と思いきや、園庭で撮影大会が始まり・・・お世話になった先生一人一人と、仲良しの友達と、そして仲良しの母親?と。

門の手前では、しばらくの間、次から次へとその輪に入ってみんなで撮影。

二度目とは言え、長男の時とはまた違った感激が。

さあ、春からいよいよ1年生。元気いっぱい頑張って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

今度の日曜は相談会へ!

S10_2 今度の日曜日3/16建築家無料相談会を開催します。

場所は、ナショナルリビングショウルーム箕面です。

時間は、10時から17時まで。ご相談は無料です。

すまいに関するあんなことやこんなこと、気になることは何でもお気軽にご相談下さい。

時にはこれまでの現場のお話しや、また時にはその場でスケッチしたり、と、臨機応変に対応させて頂きます。

会場には大画面TVでの作品のスライドショーや、模型やパネルの展示も。

是非この機会に、たくさんの方のご来場、ご相談をお待ちしています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

キリンプラザ大阪

A06 昨夜、TVでKPOキリンプラザ大阪で開催されてきた現代アートの経緯を振り返った番組を見ました。あれから20年。もうそんなに?というのが正直な感覚。

建築はご存知、高松伸氏。学生時代にはのめり込みました。織陣やARK、PHARAOHらの流れからくる集大成的な建築でもありました。当初、光の行灯は中央に一つ聳え立つデザインでしたが、計画途中で情報が漏れた?とかで、ほぼ実施設計が完了していたにも関わらず、全面変更されたと聞きました。それほどまでのこだわりよう。建築家が一つの作品にかける想いを当時、まるで身体が痺れるように感じていた記憶があります。

写真は昨年末の関西若手建築家忘年会に参加する前に立ち寄った際に撮りました。既に周囲には仮設の塀が張り巡らされていましたが、ネオンが煌びやかにひしめく大阪ミナミの街角で、その都市の様相を全てその身に吸い込むかのような建築。その強烈な存在感は時代を越えてもそのままでした。もうこの行灯に灯りが燈ることはないと思うと心寂しく感じました。

時代の流れが速くなるにつれ、建築の寿命も短くなるようでは困ります。常々、建築にとっての財産は時間だと感じているゆえ、せっかく時間を身にまとってその奥深さが表れてこようとする前に取り壊されることなど許せません。ましてや建築学会賞をはじめ、数々の受賞暦のある建築であるにも関わらず、です。世界的に知れ渡っている建築であるにも関わらず、なんです。

建築は完成までに様々な人の想いが重なり合って初めて実現されます。その数々の想いが消えてしまうのです。空しいですね。建築は記憶の中だけでは建築にはならないんです。人がその建築が醸し出す空間に空気にその身を置いて初めてそこに建築を感じるんです。それがもう出来なくなるんですから。

これは一つの社会的な問題でもあります。一方でエコだの何だの言っておきながら、もう一方では相変わらず未だにスクラップ&ビルドです。出来ればリノベーションなどで新たな時代を汲み取った建築に生まれ変わることを期待したいのですが・・・この20年でここから巣立ったアーティストたちが集まって何らかの方向性を訴えることは出来ないのでしょうか?もう時既に遅しですか?・・・皆さんはどう思われますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

誕生日

P09 今日は次男の6歳の誕生日。

ちょうどお腹にいるときに大阪から芦屋に引っ越してきました。もうそんなに経つんや~と思いつつ、本人は幼稚園で友達にも恵まれ、先生にも可愛がられで、すくすく育ってくれています。

ちなみに今日は幼稚園ではカレー会食で、年少さんがつくってくれたカレーを皆で食べたらしい。カレー好きの次男は7杯?もおかわりしたとか・・・この行事は幼稚園での恒例で、春には年長さんが新しく入ってきた年少さんにつくってあげて、卒園前にはそのお返し。これで初めて包丁を握ったり、皆で力を合わせてつくる喜びを味わっている。おいしさも倍増!だから7杯?でもちょっと食べ過ぎちゃう?

ケーキにはポケモンのエンペルトをデコレーション。近所のお店でたいていのキャラクターはこうしてつくってくれます。こういう情報って口コミなんですよね。子供たちの誕生日をはじめ、クリスマスにもオーダーしています。

幼稚園生活も残りわずか。卒園式で歌う歌を最近は口ずさんでいますが、その歌詞がまた・・・泣けるで~って感じで。長男の時とはまた違った感覚に浸っております。

誕生日おめでとう。元気ですくすく育ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

確定申告と確認申請

今朝は一番から税務署に行って確定申告を済ませ、その足で「屋上露台の家」の確認申請の事前処理のため茨木市役所へ。

さすがに昨日はバタバタでした。何せややこしい?確定申告をまとめてる時に建築指導から電話連絡。結局書類と図面を差し替えなければならず、慌てて段取を。

図面を訂正して、印刷して、折り込んで・・・出来た!と思ったら新たに訂正しなければならない箇所が!何かね、書類も手描きじゃなく、専用のプログラムソフトを使っているんですが、こっちをなおしてもあっちが残ってたりとか、一発でスッキリと終わりません。

やっと出来たら、周りは無駄なコピーのヤマ・・・ぼちぼちFD申請に変えようかな?と本気で思ったほどですが、これはこれでCAD図面といっしょで全体を感覚的に把握できるとは思えないんですねえ・・・皆さん、どうされているのでしょう?

普段、建築確認申請は近所に民間の検査機構があるのもあって、いつもそちらにお世話になっています。ただ、建築する地域の建築指導課などにその計画地の法的条件などの調査書が廻るんですが、それがまた地域によって微妙に異なるんですね。多くはFAXなどでやり取りされるようですが、今回は意匠図に経由印が押されるとのこともあって、段取が少し違ってきているのも確かです。

「官」と「民」のハザマで、何となく振り回されているような気がしないでもないですが・・・

まあ、ともかく無事におりてくれることを願って・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

雛祭り

P08 今日は雛祭り。

我が家の娘は末っ子で、それはもう「姫」状態です。(笑)僕自身は男ばかりの3人兄弟でしたので、女の子がいるとこんなにも華やかになるなんて・・・と実感しています。雛祭りなんて縁のないことでしたから。小さい頃に近所の女の子から雛あられをもらっていっしょに食べていた記憶があるくらいかなあ。

夕食後、雛あられが食卓に。と○すってまだあったんや~と言いながら、傍らでは子供らがチョコの粒の争奪戦。今も昔も変わりませんね。

写真は次男の作。先週、幼稚園で作ったらしい。笑顔いっぱいのおひなさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

芦屋市立美術博物館へ

A05 昼食の後、家族で散歩がてらに近所の芦屋市立美術博物館へ。

今日から、芦屋市造形教育展「幼稚園・小学校合同展」が開かれています。これまではルナホールがある市民センターで開催されていたのですが、今年から変わったんでしょうか。市民センターよりも美術博物館の方が全然近所なんですが、これまで機会もなく、中に入るのは初めてでした。

建物は昨年?修繕されて外観もキレイでした。サッシの枠などが色とりどりに表現されているのですが、褪せていた色も鮮やかによみがえり、建物全体がイキイキとしているようでした。また、内部のディテールも繊細で、これまで勝手に?イメージしていた空間とは違った印象を受けました。

さて、肝心の展覧会は・・・残念ながら今年はうちの子供たちの作品は展示されていませんでした。まあ、別の展覧会に応募して賞をもらっていましたから、うすうす感じてはいましたが。どの作品も力作揃いで、中には大人顔負けの?感性のカタマリみたいな作品も見られました。毎年課題を考えられる先生方も大変でしょうけど、子供たちの発想力に驚かされ、いい刺激になりました。

帰りは写真手前にある小出楢重のアトリエ(復元)や谷崎潤一郎記念館の横を通って図書館へ。しばらく様々な本を眺めながら、日常の様々なことから頭を切り離し、ゆっくりとした時間の中で、すっかりリフレッシュできました。子供たちはいろんな絵本に夢中でしたが・・・

ちなみに展覧会は3/9(日)まで開催されています。また来年が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »