« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月27日 (水)

住まいのなんでも相談会200701

S01 ナショナル・リビング・ショウルームでの「住まいのなんでも相談会」の参加日程が決まりました。

新年1月は、以下の通りです。

・日時:2007/01/07(日) 10:00~17:00
・場所:ナショナル リビングショウルーム 姫路
http://srdb.national.jp/sr/area/index1.jsp?srcd=52

・日時:2007/01/14(日) 10:00~17:00
・場所:ナショナル リビングショウルーム 箕面
http://srdb.national.jp/sr/area/index1.jsp?srcd=93

・日時:2007/01/21(日) 10:00~17:00
・場所:ナショナル リビングショウルーム 堺
http://srdb.national.jp/sr/area/index1.jsp?srcd=49

これまでの姫路と神戸の他、新たに箕面と堺にもお伺いいたします。

また、各会場では参加建築家の模型や作品のスライドが放映される予定です。この機会に是非とも、建築家の作品世界に触れてみてはいかがでしょうか。

お住まいに関する疑問やお悩みなど、新築、リフォームを問わず、様々なご相談に無料で応じています。どうぞお気軽にお声をお掛け下さい。たくさんのご来場お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

世界で一番おもちゃがなくなる日?

H03 今日は世界中で一番おもちゃがなくなる日かも知れません。

サンタクロースが世界中の子供たちに配るためのプレゼントを用意するのにもう大詰めですもん。

先日、幼稚園では、白いクリクリのひげを生やしたホンモノのサンタさんがやってきて、ちょっと早いクリプレをもらったそうで・・・ちゃんと煙突から入って、煙突から帰ったらしい・・・ソリの通った跡には雪?氷?の粒々が残っていたらしい・・・子供たちの眼はキラキラと輝いていたらしい・・・

でも明日が本番。うちの子には、ちゃんとサンタさん来るかなあ・・・世界中の子供たちが、みんないい夢見れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ポルシェの水切り

H02 小学生の頃スーパーカーブームでバリバリの「サーキットの狼」世代、特にポルシェファンの僕にとってはこの話しを聞いた瞬間、身体がシビレました。

この頃のポルシェには、フロントガラスの横からリアに流れるいわゆるポルシェラインを強調するかのように、サイドガラスの上部に10mmほどのツバが着いていたのです。それが水切りとしての目的かは定かではないですが、恐らく屋根に落ちた雨がこの水切りをつたって後ろへ流れるのだと想像できます。修行時代に事務所に来られた建築写真家のM氏のポルシェを前に先輩から話しを聞いて感動してしまいました。

何て単純で機能的で且つそれでもって美しいのか・・・それ以来、脳裏から離れません。いつかこんな建築をつくってみたいと。

ただ引用はしています。(笑) それはまたの機会に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

百年民家

A02_2 今日は先日の相談会でご相談を受けました、築百年を越える民家にお邪魔しました。

縁側周りはアルミサッシに変わっていたけれど、百年を越える時間の積み重ねには圧巻でした。一時は建て替えも考えられていたようですが、これを壊すなんて・・・意地でも住み続けて下さい!と思わず言ってしまいました。

とりあえず今はまだご相談の段階ですので、これからどうなるのかはわかりませんが、少なからずとも関わる以上は中途半端なことは出来ません。これは僕自身が考えていることでもありますが、過去の時間を継承し、これからの時間を積み重ねていく建築をいかにして表現するか、その答えを見つけるためには充分すぎる課題です。

あちこち拝見しながら、何か背筋がピン!と張り詰めるような想いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

一年点検その2

D06 今日は「宝塚の家」に一年点検に伺いました。

あいにくの雨模様でしたが、晴れの日は吹抜けを介してポッカリと空が見えます。お月見をしたとか、雲の流れを感じたりとか、夏の強い日差しはヨシズでカバーしたりとか、日常を楽しみながら生活をされている雰囲気が伝わってきました。ありがたいことです。

そして何よりも、竣工時にはちょっとポッチャリだったネコちゃんが、ものすごく活発に動き回っているようで、スリムになっていました。爪とぎは家の中心に位置する麻縄を巻いた丸い大黒柱にしているようで、周りの珪藻土の壁やムク板の床はキレイでした。

そんなこんなで人もネコも、「いい感じ」でお住まいのようで嬉しい限りです。のどかな午後の一時を過ごしつつ、先日といい今日といい、本当にいい出会いをさせて頂きましたこと感謝いたします。いろいろパワーもらいました。

今後共よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

一年点検

D05 昨年末、バタバタと竣工したうちの、「五軒邸の家」に一年点検にお伺いしました。

参加しております松下電工での建築家相談会に来られた方で、木造2階建ての住宅の水周りを中心に、家族室や陽だまりのある大きなルーフデッキをつくり込みました。もともと和の雰囲気が好きな方で、タタミが多いのが新鮮です。

一通り春夏秋冬を過ごされてのご感想は・・・入居当初は真冬だったのもあって、かなり寒かったようですが、夏は快適とのことでした。徐々に寒くはなってきていますが、床暖房が効果覿面。ムク板の肌触りと珪藻土の素材感が、住み手の心にうまく浸透しているようでした。大変きれいにお住まいになられていて、逆に頭が下がります。

住宅は建てたり改装したりする時には、我々共々けっこう集中して考えますが、こうして1年ぶりに現場を訪れると、また新たな発見もあり、自分があの時カタチにしたことが客観的に見ることが出来てとても充実した時間でした。

何しろ建てる時より建てた後のこれからが、なが~いお付き合いになりますので、まだまだ始まったばかりです。

ここに住むご家族が素敵な時を重ねられることを願って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

ルミナリエ(昼)

L03 今日は参加しています、松下電工神戸ショウルームでの建築家相談会の担当でした。ちょうど神戸はルミナリエが開催中で、写真は昼食時に市役所の展望ロビーから撮ったメイン会場の東遊園地の様子です。

普段は街中の静かなまさに憩いの場なのですが、屋台がギッシリと並んでいつもと違う趣でした。

お昼を過ぎた頃から地下の駐車場に入る車が長蛇の列をつくり始め、3時ごろには夕方の点灯の瞬間を見ようと、人が集まり出しました。相談会も普段は午後5時までですが、近隣の交通規制もあって午後4時に終了。三宮までは車も人も規制されていました。

ルミナリエは日本に初上陸しました和歌山マリーナシティにて、嫁さんの友人が勤めていた会社が会場の音楽関係を担当していたこともあって、見に行った思い出があります。阪神淡路大震災の後、復興を願って神戸にて開催されるようになりました。神戸の街はルミナリエ一色で、これが終わればクリスマスへと華やかな雰囲気が続きます。

神戸のルミナリエも一度家族で行こうかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

関西若手建築家忘年会!

本日、この話題は重複する可能性大です。(笑)

関西の若手建築家の忘年会に行ってきました。

若手と言ってもunder40+αという感じでしょうか。一昨年ぐらいからこういう集まりがあって、昨年はあいにく予定が入っていたので欠席しましたが、今年はタイミングよく参加ということで。

ご無沙汰してた人、初めて会う人、それぞれですが、総勢40名近く?集まって、結構ハタから見ると怪しいかも?でもでも建築に関しては皆さん熱い人ばかりですから、ご心配なく。いい刺激になりました。

で、本日は写真はナシです。(少々引き気味?)会の雰囲気を撮影されている建築家もおられましたので、よかったら探してみて下さい。(笑)

まだまだもっともっとガンバルぞ~!っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

事務所登録更新!

O01 建築士の事務所は、存在する各都道府県に登録しなければなりません。また、それは5年ごとに更新しなければならない決まりになっています。

大阪から芦屋に移って最初の更新。つまり早5年経過したということになります。

この5年の間、いろいろな人と出会い、いろいろなモノを創り得る機会に恵まれましたことを感謝いたします。これまでの貴重な出会いと経験を基に、次なる5年へと改めて気を引き締めつつ、また新たな出会いを求めて、そして新たな建築を模索しながら、日々精進です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

またまた音楽会

D04 今日は幼稚園の音楽会へ行ってきました。

秋の運動会に続く年内最後のイベントです。子供たちは大勢の大人たちに間近で見られ、少々緊張気味だったようです。いつもなら歌にあわせてフリをするのも見られなかったのは寂しいですが・・・

幼稚園の音楽会は、全職員の演奏やお母さんたちの合唱などもあって、和気藹々な感じになります。ラストは全幼児が♪世界中の子供たちが~いっしょに笑ったら~♪って大きな声で歌って締めとなりました。

子供の頃ってこの歌のように本当に世界中の子供たちがみんな一緒に何か出来ると思ってたりするんでしょうね。いつの間にか大人になっていく中でそんな感覚忘れてしまっているのが哀しいです。今すぐはムリでも、今の子供たちが大人になっていつかそんなことが実現したら・・・きっと世界中が笑顔であふれてみんな幸せになれるんでしょう。

今の気持ちを忘れずに、すくすくと育って欲しいと思いました。そう、写真の芝屋根に咲いた花のように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »